江戸川橋駅より徒歩3分

tel.03-6265-3662

〒162-0811 
東京都新宿区水道町4-13 マルエツ江戸川橋店 3階

お肌のトラブル

お肌のトラブルについて

お肌のトラブル

こどもの皮膚に生じた様々なトラブルを解決するため、必要な治療・ケアを行います。こどもの皮膚は、大人と比較して薄くて繊細であり、皮膚のバリア機能も安定しておらず、非常にデリケートな人が多い傾向にあります。皮脂の分泌量も不安定なので、角質の内側の水分が蒸発しやすく、細菌や有害物質が皮膚の奥にまで侵入し、皮膚トラブルが起こりやすいのです。そのため、しっかりとスキンケアを行い、皮膚バリアを整えることが重要となります。

お早めにご相談を

こどもは体調の変化をうまく言葉で伝えられないことも多いため、症状に気付いたときは、皮膚がひどい状態になっているケースもあります。保護者の方など、周囲の大人がお肌の様子を観察し、何らかの違和感を覚えたら当クリニックまでお気軽にご相談ください。

このような症状の方はご相談を

  • オムツの当たるところに赤い発疹が出てきた
  • お尻の皮膚がただれている
  • 全身に小さな赤い発疹や水ぶくれが出来た
  • 皮膚にほくろ、あざ、おできがある
  • お口の中に発疹があり、痛そうにしている
  • 肌がジュクジュクしている
  • 肌にかさぶたが出来た
  • 髪をかき分けて頭皮を見ると、白いポツポツが付いている
  • 全身に小さい発疹があり、体温が上がっている
  • 発疹だけでなく、咳や鼻水なども見られる
  • 手のひらや足の裏に小さな水ぶくれが出来た
  • 皮膚を痒そうに掻いている
  • 虫に刺された部位が腫れ上がっている
  • 特定の食べ物を食べた後で発疹が出てきた

小児期の主な皮膚疾患

オムツかぶれ アトピー性皮膚炎 いぼ 水いぼ 乳児湿疹 カンジダ皮膚炎 虫刺され かぶれ あせも とびひ 手足口病 リンゴ病 など

オムツかぶれ

尿や便に含まれるアンモニアや酵素などに皮膚が刺激され、おむつの当たるところに赤いブツブツやただれが生じます(皮膚のしわの間にできている場合には、カンジダ皮膚炎の可能性もあります)。
おむつかぶれの際は洗面器にぬるま湯を張っておしりをよく洗い、亜鉛華軟膏やワセリンを塗ります。症状がひどいような場合は、弱いステロイド軟膏を塗ったりもします。

カンジダ性皮膚炎

便に含まれているカンジダ菌が皮膚につくなどして炎症を起こしている状態がカンジダ性皮膚炎です。症状としては、赤いブツブツなどが見られますが、これが股の皮膚のシワの間にまで起きていることがあるほか、炎症している皮膚が剥けてしまいただれを起こすこともあります。
おむつかぶれと症状が似ていることもあり検査を行うこともあります。検査では皮膚や病変の組織を擦り取るなどして顕微鏡を用いてカンジダ菌の有無を調べます。カンジダ性皮膚炎であれば、抗真菌剤の外用で治療します。
このほか予防として、おむつかぶれと同じようにおしりをよく洗って、股やおしりのシワの間も清潔にします。そして、おむつはこまめに取り替えるようにしてください。

とびひ(伝染性膿痂疹)

皮膚への細菌感染によって発症し、人から人へとうつる疾患がとびひです。正式な疾患名は「伝染性膿痂疹(のうかしん)」ですが、掻きむしった手を介して、水ぶくれがあっという間に全身へと広がる様子が、火事の火の粉が飛び火する様に似ているため、「とびひ」と呼ばれています。
夏の時期などにこどもがよく罹る病気ですが、大人でもアトピー性皮膚炎の患者様は皮膚のバリア機能が低下しているので発症することもあります。とびひには、水ぶくれが生じる水疱性膿痂疹と、かさぶたができる痂皮(かひ)性膿痂疹の2種類あります。多くの場合は痒みがあり、そこを掻いた手でほかの場所を触ると、あちこちに広がってしまう水疱性膿痂疹のタイプです。一方の痂皮性膿痂疹は炎症が強く、リンパ節が腫れたり、発熱やのどの痛みを伴ったりすることもあります。
抗菌薬を使うことで、原因菌を退治するのが主な治療法ですが、必要に応じて抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、亜鉛華軟膏なども用いることで、ひどい痒みや炎症を抑えます。

じんましん

丸っぽい形で痒みが強く、わずかに盛り上がったミミズ腫れが数分~24時間以内にできては消えていく皮膚疾患がじんましんです。痒みが生じる場合がほとんどですが、チクチクとした痛みや、熱く焼けつくような痛みが伴うこともあります。小児ではときどき食物アレルギーとの関連があり、食べた食事をメモに取っていただき因果関係を書き留めてもらうとよいでしょう。
治療に関しては、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などを用います。薬の服用により、多くの患者様は数日で症状が治まりますが、その後も医師の指示に従って飲み続け、徐々に減らしていくことが大切です。

さくらクリニック江戸川橋・小児科

tel.03-6265-3662

診療科目:
小児科

住所:
東京都新宿区水道町4-13 マルエツ江戸川橋店 3階

最寄駅:
東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」4番出口より徒歩3分
東西線「神楽坂駅」1番出口より徒歩8分

診療時間
9:00~12:00
13:00~13:30
13:00~17:30

休診日:金曜・日曜
●:祝日は9:00~13:00まで
◎:予防接種・新宿区乳幼児健診専用時間
※受付は17:00まで